ストレス発散で毎日精神的に健康症状別の緩和治療を受ける】

笑顔

身体の出すサインに要注意

気づきにくい身体のサイン

医者と看護師

現代社会はストレス社会ともいわれています。思い通りに進まない仕事をはじめとして近所付き合いや学校での人間関係など、その原因は様々です。いっそストレスの原因とならないことを探すほうが難しいのかもしれません。自覚症状がなくても知らず知らずのうちに身体に異常が出ていることがあります。たとえば歯ぎしりや頭痛。特に睡眠中の歯ぎしりは精神的なストレスを解消するため睡眠中などに無意識に行っていることがあります。朝起きたらあごの筋肉が痛いようなら要注意です。また、休日に限って頭痛の症状が出ていたりはしないでしょうか。休日の頭痛はストレスから解放されたことによる偏頭痛の可能性があります。これもまた無意識のうちに身体が発するサインなのです。その他寝つきが悪くなったり、睡眠が浅く悪夢をよく見る、原因不明のかゆみや胃腸の不具合など様々なサインを出して身体はストレスを訴えているのです。これらの症状と周囲の状況に心当たりがあるならば早めに何らかの対処を行うことをお勧めします。

早めの気づき、早めの対処

ストレスによる身体の症状を自覚した場合はどうすればよいでしょうか。その深刻さの度合いにもよりますが、早期に気付けたのであれば日常生活を変えることで予防や対処が可能です。まずは気分転換。いままでとは違った趣味を始めてみたり、休みを取ってひとり旅をするなどして新鮮な刺激を受けることはストレス症状を和らげる代表的な対応です。この時に大切なことは決して気負わず、軽い気持ちで物事を始めてみることです。あまり真剣になってしまうとそれ自体が新しいストレス源になってしまいかねません。誰かに相談してみるのもよい方法です。第三者の視線で見れば自分の見方とはまた違った意見が聞けます。もしかしたら自分のこだわっていたところは全体から見ればたいしたことはないのかもしれません。自分以外の客観的な視点というのはそれだけでも貴重なものなのです。ストレスも軽い自覚症状に留まっているうちはまだいいのですが、ほおっておくとより深刻な疾患や病気につながりかねません。早めの気づきと早めの対処をこころがけるようにしてください。